過去情報

【販売終了】料理通信8月号 レトルトにちょい足しレシピ紹介にバラッツさん登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉でスパイスと言えば「アナン邸」のメタ・バラッツさん。もちろん登場されています!

『なんでもテイスティング講座スペシャル レトルトカレープラス ちょい足しアイデア研究会』という記事でバラッツさんが登場しております。

カレーの達人3人がレトルトカレーを食べ、家にある食材をちょい足ししてより美味しく食べる方法を教えてくれます。
登場するレトルトカレーは10数種類がありますが、代表的なところではこちら。
・明治 銀座カリー中辛
・大塚食品 ボンカレーネオオリジナル中から
・無印良品 バターチキン
・KALDI バラックパニール など

これらにちょい足しするのは、トマトやコンビーフやレモンなど10数種類の家庭食材。どのカレーにどれを組み合わせたら美味しいか?オススメが掲載されております。食べ合わせが広がりますよ。

今月の料理通信は、カレー特集!
「スパイス使いで極める カレーの作り方レシピ48」

食べ合わせも楽しいですが、手の混んだスパイスカレーも作ってみたくなるもの。 でも、「カレーに使うスパイスは?分量はどれくらい?」と全然わからないものです。

本書は「興味はあるけど専門書を買うのも億劫なんだよなぁ」と仰るあなたにピッタリです。

有名カレーのシェフ達が優しく、おすすめのスパイス配合を教えてくれます。
今年の夏は自作スパイスで元気に過ごしてみましょう!

食を通してSDGsを学ぶ

「未来を変えるアイデア」という記事で、神奈川県藤沢市の湘南学園の活動が取り上げられています。
中学1年生の有志メンバーが立ち上げた「チョコプロジェクト(通称チョコプロ)」はチョコレートから世界を見ようというテーマで、ガーナの児童労働を研究されたそうです。
中高生の行動力が頼もしく感じる記事でした。ぜひお読みください。

商品情報

料理通信
1,008円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*