過去情報

【上映終了】5/18 映画「パンク・シンドローム」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山形国際ドキュメンタリー映画祭の観客を涙と笑いで包んだ。北欧フィンランド発、知的障害者だけのパンクパンドに迫る奇跡の音楽ドキュメンタリー。

フィンランドのパンクシーンを賑わせるとんでもないバンドが現れた!

とにかく服の縫い目が気になるギターのベルッティ、足の爪は自分で切りたいボーカルのカリ、美人議員が大好きなベースのサミ、お家を出たくないドラムのトニ。知的障害を抱えるこの四人の個性がぶつかり合うパンクバンド”ベルッティ・クリカン・ニミパイブァト”。

ワークショップの一環で結成されたこのバンドの練習は一筋縄にはいかず、泣き出すメンバーがいたり、しばしば言い争いも勃発する。

しかし、そのパワフルで激しいライブパフォーマンスと過激な歌詞で評判となり、バンドの人気が火が付いた。

カメラは彼らの日常生活から、レコードデビューや海外ツアーまでの成功と紆余曲折の軌跡を丹念に追う。

「精神科施設の飯はまるで豚の餌」「いつかグループホームを爆破してやる」「少しばかりの敬意と平等が欲しい」「権力者はペテン師だ。俺たちを閉じ込める」など施設や社会への不満を強烈な歌詞にぶつける彼らの姿は、パンクファンのみならず、多くの人々を魅了し、笑わせ元気付ける。

そして、彼らの歌詞から垣間見える「社会を変えたい、障害者に対する人々の意識を変えたい」という強い思いに心揺さぶられる。

世界一アナーキーでクールなパンクバンドの魂の叫びは日本の観客の心を惹きつけてやまないだろう。

フライヤーより

チケット情報

上演日:2019年5月18日(土)
開演 :14時30分 (開場は開演30分前)
会場 :鎌倉商工会議所 地下ホール
入場料:前売り 900円、当日 1,100円、高大生 700円

チケット手配について

チケットは店頭でご購入いただけます。

■チケットのお取置ご希望のお客様へ
チケット内容をご確認のうえ、こちらからご連絡ください。
お取り置きフォーム
チケットの受取りは店頭のみとさせて頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*