書籍

【書籍】マーダーハウス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本書の舞台は鎌倉のどこかにある「シェアハウス」。

シェアハウスとは、自分の部屋とは別に共同利用できる共有スペースを持った賃貸住宅のことです。
1人1人に鍵付きの個室があるので、プライベートを確保できます。
共有スペースではルームメイトと食事や雑談やテレビを見たりなど、レクリエーションをする場所として使うことができます。

シェアハウスのメリットの一つは、一般的な賃貸と比較して安上がりで済むところです。
テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、家具などが備え付けになっているうえ、ガス電気、水道代などが家賃に含まれているからです。
引っ越し後の初期投資や、月々の光熱費が不要になります。

しかし、シェアハウスに住むのが快適かどうかは、利用者の性格によります。毎日誰かと顔を合わせるのが苦痛な方は利用されない方が良いでしょう。


なぜ、ここまでシェアハウスの事情を知っているのか?


わたしも住んでいるからです。

鎌倉のシェアハウスに…。

シェアハウス利用者にとっては、どの本よりも恐ろしい一冊が発売されました。
本書をシェアハウスに配って回ってはいけませんよ。

希望の大学に合格、憧れの地での新生活。
すべては順調なはずだった……

希望の大学に合格し、引っ越し先を探していた藤崎理佐は、
ネットで偶然シェアハウス「サニーハウス鎌倉」を見つけ、暮らすことになる。
そこは海外セレブの別荘のように豪華な外見、充実した設備、格安の家賃と好条件ばかり。
しかも同居するのはテレビの某番組に出てきそうな美男美女だった。
憧れの地で楽しい日々を送っていたが、同居人が立て続けに死亡する。
不安を抱いた理佐は高校時代の同級生、高瀬弘に相談する。
違和感を覚えた弘はサニーハウスを調べることにするが、
そこから恐怖は一気に加速していく! 
予想外の結末、震撼のサイコミステリー! 

本書 帯より

商品情報

マーダーハウス
実業之日本社
1,728円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*