書籍

【書籍】コットンの刺繍糸ではじめる日本刺繍 小さな和の文様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉で日本刺繍作家として活動されている、秋山博美さん監修の刺繍の本です。現在は小町通りにある秋山刺繍研究所、カルチャーセンターで教室を開いておられます。

伝統文様が糸の縫う方向によって浮き立って見えます。糸だけで形を表す刺繍なので縫い方にはさまざまな手法があります。

小さな点を表す「芥子縫い」、びっしりと面を埋める「相良縫い」、線をあらわす「まつり縫い」、まつり縫いより幅広く縫う場合に用いる「縫い切り」など。たくさんの手法はありますが、本書では糸の縫う順番、針の当てる場所など細かに解説されています。

一つの文様について縫い方が丁寧に描かれているので、初心者の方も始めやすい内容になっています。縫い方に慣れたら、独自の図案考えて縫うのが楽しみですね。

美しい日本刺繍をもっと身近に楽しんでもらいたい….。

そんな思いを込めてこの本を作りました。絹糸をよるとこから始める本格的な日本刺繍は独学ではなかなか難しいのですが、この本では、初めてでも手軽に始められるように、一般の刺繍に用いられるコットンの刺繍糸を使った作品をご紹介しています。

基本技法を使い、丁寧に刺していくことで、針目の揃った繊細な風合いや多彩な表現をすることができるので、日本刺繍の入門書として楽しんでいただけたらと思っています。

図案は伝統紋様をベースに、バッグや小物、シャツなどにあしらって使える小さな紋様をデザインしました。古くから愛されてきた文様ですが、今の暮らしにも取り入れたくなる、造形的で斬新なデザインのものが多く、刺繍糸の色や差形でさらに個性豊かな作品にしてあげることができます。

この一冊を入り口に、奥深く、また今なお新鮮な日本刺繍の世界に触れれていただけたらうれしいです。

本書より

商品情報

コットンの刺繍糸ではじめる日本刺繍 小さな和の文様
世界文化社
1,620円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*