鎌倉関連

【雑誌】詩とファンタジー 38号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

角野栄子さんが国際アンデルセン賞作家賞を受賞されました。本誌ではこれからも日本の児童文学の牽引役をというタイトルで、角野栄子さんと三木卓さんとの「往復書簡」が掲載されております。

詩と絵を組み合わせて作品を読めるのが、「詩とファンタジー」の特徴の1つです。詩とイラストレーションのコーナーでは、詩集「気持ちの風船」を出版されているわたなべみずきさん、ねじめ正一さん、谷川俊太郎さんの詩が掲載されています。

商品情報

かまくら春秋社
1,080円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*