書籍

【鎌倉本】江ノ電のいる風景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心なごむ風景・・・、それは、江ノ電がみんなのそばを走る風景かもしれない。

本誌帯より

本書はカメラマン 高橋康資さんの作品集です。
主題は江ノ電と線路。

春は桜、夏は海とまつり、秋は紅葉、冬は雪。
四季折々に海も山もかわります。もちろん江ノ電に乗る人も。

沿線に生活する人にとっては大事な足、観光に来る人にとっては楽しみのために乗るもの。
老若男女、多様な国籍の方が乗り合わせて電車はコトコトと走ります。

江ノ電を通して湘南を生きる人々が描かれています。

巻末には撮影日、使用レンズ、撮影場所が書かれているので、カメラ好きの方は3倍楽しめます。

商品情報

江ノ電のいる風景
東京図書出版
1,620円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*