鎌倉関連

【雑誌】詩とファンタジー まるごと林家木久翁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かまくら春秋社「詩とファンタジー」を林家木久翁さんが一冊まるごとジャック!

実は木久扇さんは鎌倉に縁の深い方。漫画家 清水崑さんのもとで描いていたからです。
落語家のきっかけは清水さんとのやりとりからだったとか・・。
伊藤 玄二郎さんとの対談で語られる、抱腹エピソードの数々をご覧ください。

漫画家としての技は本誌のいたるところで発揮されています。
谷川俊太郎、吉増剛造、三木卓の詩の傍らには、木久扇さんの絵が添えられています。

木久扇さんが出会った名人たちを語るコーナーでは清水崑さん、立川談志さんなど大御所との関わりを語っています。

本書を読むと、笑点で見る木久扇さんのイメージが変わる?それともそのまま?
おおらかな人柄あふれる一冊です。

商品情報

詩とファンタジー まるごと林家木久翁
かまくら春秋社
1,080円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*