書籍

【書籍】乙女の文学さんぽ 鎌倉・湘南編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海街diary、ツバキ文具店、ビブリア古書堂の事件手帖、タイヨウのうた、草迷宮、荒野・・。
このなかで一つは耳にしたことがあるのではないでしょうか?
これらは鎌倉が舞台となった小説の題名です。

小説と言われると全部が創作だと思われがちですが、そうとも限りません。
現在営業しているお店をモデルに描いているシーンがあります。
本書は「乙女が登場する文学で、モデルになったお店や場所を散歩しよう」というテーマの一冊です。

「ビブリア古書堂の事件手帳」来城慶子が真実を語るために栞子と大輔を誘った喫茶店。
「海街diary」すずがサッカー部の仲間と食べにいくしらすトーストが食べられるお店。
「タイヨウのうた」薫が孝治に初めて声をかけられた場所。

などなど、モデルとなった場所が紹介されています。
「あのひとはここに来たのか」と同じ場所でシーンを想像することをおすすめします。

本書でさんぽできる物語は、

  • 薪能 立原正秋
  • 草迷宮 泉鏡花
  • ツバキ文具店 小川糸
  • 荒野 桜庭一樹
  • ビブリア古書堂の事件手帖 三上延
  • 海街diary 吉田秋生
  • タイヨウのうた 天川彩
  • モーテル0467鎌倉物語 甘糟りり子
  • 人生について 小林秀雄
  • 制服のころ、君に恋した。 折原みと
  • 鎌倉ものがたり 西岸良平
  • 季節の記憶 保坂和志
  • 雨のち晴れ、ところにより虹 吉野万理子

商品情報

乙女の文学さんぽ 鎌倉・湘南編
東京書籍
1,512円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*