過去情報

【公演終了】4/14 平和と憲法の岐路に立って

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

安倍首相は、臨時国会冒頭に解散し総選挙に打って出ました。野党による憲法に基づく再三にわたる臨時国会開催要求を無視しながら森友・加計問題をはじめとする疑惑隠しをはかる憲法破壊の暴挙です。重大なことは、首相が、この総選挙を、政権延命をはかるにとどまらず、安倍政権への批判の高まりのなかで強行のメドが危うくなった憲法「改正」実行のお墨付きを得る好機と位置づけたことです。

自民党は、選挙の重点公約のひとつに、憲法9条に自衛隊を明記することを中心とする改憲を掲げました。過去に改憲の野望を抱いた首相は少なくありませんが、国民の批判を怖れ選挙戦ではそれを正面から争点にした例はありませんでした。自民党が改憲を旗印に選挙を戦うのは結党以来はじめてのことであり、容易ならぬ事態です。

(参照:九条の会より)

チケット情報

上演日:2018年4月14日(土)
時間 :13時30分〜 (開場は開演30分前)
会場 :鎌倉商工会議所 地下ホール
入場料:500円  20歳以下無料

チケット手配について

チケットは店頭でご購入いただけます。

■チケットのお取置ご希望のお客様へ
チケット内容をご確認のうえ、こちらからご連絡ください。
お取り置きフォーム
チケットの受取りは店頭のみとさせて頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*