書籍

【書籍】鎌倉の歴史 谷戸めぐりのススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉は室町時代の御伽草子「唐糸草子」にてこのように書かれています。
「鎌倉は谷七郷と承る、春はまづ咲く梅ヶ谷、扇の谷にすむ人の、心は涼しかるらん。
秋は露おく佐々目が谷、泉ふるかや雪の下」
三方を山に囲われている鎌倉を、当時の詩人は「谷の都」と詠んでいました。

本書は「谷」を切り口に鎌倉の歴史を見直しています。
「Ⅰ.谷戸に暮らす人びと」「Ⅱ.武家の興亡」「Ⅲ.海の世界と仏教の広がり」の3つのテーマで解説されています。

商品情報

鎌倉の歴史 谷戸めぐりのススメ
古志書院
3,240円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*