松林堂書店

  鎌倉駅すぐの本屋

【公演終了】3/16 人生フルーツ もうろうをいきる

      2018/03/17

映画『人生フルーツ』(2016年)と『もうろうをいきる』(2017年)の二作が上映されます。

映画『人生フルーツ』あらすじ
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。
1960年代、風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウンを計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。

修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめましたーー。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
〈参照 映画『人生フルーツ』公式サイト

映画『もうろうをいきる』あらすじ
目が見えなくて耳が聞こえない人のことを、盲ろう者といいます。
盲ろうの人たちは、指で触れあうことで世界とつながっています。地域で支えあいながら暮らしている盲ろうの人たちを、全国各地に訪ねました。

この作品は盲ろう者の人たちをめぐる映画ですが、同時に人びとは誰も皆いろいろな可能性を持ってつながっていて、そのつながりの中から常に希望の糸を紡いで暮らしていることを伝えたいと思いました。人は独りではない=その瞬間をつかまえるような撮影を目指して、盲ろう者と周囲の人たちとの関係性をまじろがずカメラで見つめました。『もうろうをいきる』は、そのような眼差しを持った映画です。

私たちが生きていくことの原点が、盲ろうという“障害”の中につまっていることを、この映画から発見してほしいと願っています。

〈参照 映画『もうろうをいきる』公式サイト

チケット情報

上演日:2018年3月16日(金)
時間 :人生フルーツ    :13時30分〜 (開場は開演15分前)
もうろうをいきる  :15時15分〜
会場 :鎌倉生涯学習センターホール
入場料:前売り 1,500円 当日 1,800円

チケット手配について

チケットは店頭でご購入いただけます。

■チケットのお取置ご希望のお客様へ
チケット内容をご確認のうえ、こちらからご連絡ください。
お取り置きフォーム
チケットの受取りは店頭のみとさせて頂いております。

 - 過去情報