松林堂書店

  鎌倉駅すぐの本屋

【書籍】鬼畜の宴 ゴルゴ13ノベルズ

      2017/06/15

世界的な大富豪二人が、慰みのために人間狩りなど殺人ゲームを繰りかえしていた。その二人が始めた新たなゲームは、ゴルゴ13とスパルタカスと呼ばれる二人の殺し屋にお互いを狙わせて雌雄を決するというものだが…
ゴルゴ13が認めた数少ない好敵手の一人・スパルタカスとの凄絶な死闘。そしてその後に来る世界を巡る追跡行の行方は……!?
参照:小学館
https://www.shogakukan.co.jp/books/09386300

ゴルゴ13ノベルズは2011年に3作出版されておりましたが、文庫版が先日発売されました。

著者の船戸与一さんはハードボイルドと社会風刺を織り交ぜた作風で知られています。漫画原作者として、ゴルゴ13の原作を30本近く書かれていました。本作もそのうちの一つ。

漫画でご存知のゴルゴ13が、小説ではどのように描かれているか読んで確かめてみませんか。

商品情報

鬼畜の宴 ゴルゴ13ノベルズ
小学館
550円(税込)

 - 書籍