松林堂書店

  鎌倉駅すぐの本屋

【絵本】茂さん 鎌倉長谷のむかしむかし

      2017/07/21

映画俳優の加藤茂雄さんが1940年ごろの鎌倉長谷の様子を語ります。

「長谷寺や大仏様の門前町として、
そして漁師の街として栄えたかつての様子を多くの人に知ってほしい」と語る。
参照:タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0602/i/2017/04/21/379456.html

当時の夏は納涼電車として江ノ電が走り、子どもは縁日に遊びに行くなど、
季節ごとの催し物が描かれています。

国道32号線(長谷駅〜長谷観音前の信号)の商店街の地図が描かれています。
八百屋、銭湯、足袋屋や大工屋があり、長谷駅前で生活に必要なものが揃ったようです。
現在とは異なる活気が窺えます。

戦前から戦中、戦後の様子まで当時の長谷の様子が語られています。
現在も活気ある長谷がいとおしくなる絵本です。

商品情報

茂さん 鎌倉長谷のむかしむかし
1,620円(税込価格)

 - 絵本, 鎌倉関連