松林堂書店

  鎌倉駅すぐの本屋

【書籍】世界初の相撲の技術の教科書

   

名称未設定

白鳳の優勝を飾った東京場所。次は名古屋場所ですね。
今回ご紹介するのは「相撲競技者から見た相撲技の解説本」です。

土俵でよく見る「がっぷり四つ」「つっぱり」。
純粋な力較べに見えますが、実際は身体運びと腕の使い方が勝敗を分けています。
本書を読むと一つの取組にどれだけ多くの技術を用いているのかがわかります。

基本技の動きを綺麗な分解写真で解説されており、観戦が楽しくなること請け合いです。
トレーニング方法も書かれているので、柔軟で力強い身体作りを始めるのも良いですね。
名古屋場所はこの本片手に観戦しましょう。

世界初の相撲の技術の教科書
ベースボール・マガジン社
1,800円+税

 - 書籍